誰でも借りれる住宅ローンはあるのか?

住宅ローンの借り入れができない理由は?

 住宅ローンが組めないという人も増えて来ているのかもしれません。なんだかんだいって、このご時世ですから審査も厳しくなっているらしいですし。住宅ローンが組めない理由としては年齢が高い、勤続年数が短い、年収が低い、雇用形態に難あり、借金が多い、リボ払いのショッピング残高が多い、過去の一定期間内に金融事故を起こしたことがあるなどが挙げられます。金融事故情報は一定年数が経過することで削除されるはずなので、事故を起こしたら生涯無理ということではありません。また、借金やリボ払いは審査に不利なので出来るだけ返済しておく方がいいです。

 雇用形態は当然ながら正社員である方が審査が通り易くなります。今は昔ほど正社員と派遣や契約社員との間に信用度合いの溝があるわけではないのかもしれませんが、それでも多少は違ってくると思います。意外に重要なのが勤続年数です。金融機関への調査では、雇用形態や職種よりも勤続年数を重要視するというところが多いらしいですし。基本的には3年以上が望ましいですが、金融機関によっては1年以上でも普通に審査してくれるというところもありますので、年数が短い場合はそういうところを探した方がいいかもしれません。

組めない理由は色々とあると思いますが、住宅ローンが組めないことで困っている人も多いのかもしれません。例を挙げると年齢。借入時と完済予定時の年齢が高いっていうのは不利です。これは、いくつもある審査項目の中でトップに近い位置にあるそうです。つまり、年収などよりもずっと重要視しているということらしいです。それから、返済負担率や勤続年数も重要視されます。もちろん、他の項目が重要視されないということではないんですが、それよりも金融機関は上記の項目を気にしているということだそうです。

 勤続年数の目安は基本的に3年以上と考えられます。金融機関によってはもっと短くても構わないというところもありますが、まだこれくらいが平均的かなtって思いますので、転職したてという場合などは不利になりがち。しかし、同じ業界への転職、キャリアアップの為の転職ということならば多少の融通をしてくれる場合があるので、相談してみるといいかもしれません。ちなみに、自営業の場合は過去3年程度の黒字が必要です。普通の会社員なら前年度の収入を提出することになると思いますが、自営業の場合は過去3年程度に渡り報告しないといけないので少し厳しいです。

住宅ローンの審査で注意したい事

これから住宅ローンを組む予定のある方は、手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。

金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、全てを合わせたら予想していた金額よりも上回ってしまい、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もあります。

この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。

実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったり意外なところで費用がかかる場合もあります。

住宅ローンを組む際はまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。

銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。

申し込みをする所による住宅ローンの審査の違いは特別違った点はありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。

店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。

人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。

ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。

何千万という高額な単位の住宅ローンなので、少しでも利息の安いところで申込みたいと思うはずです。

なので、この場を借りて安価で口コミでも評判の知らないと損するかもしれない、そんな銀行を案内致します。

実は『イオン銀行』が今、最も注目されているのです。

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、加えて、提携先であるイオンでショッピングをすると会員だからこそ利用できる割引サービスは嬉しいですね。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。

今では住宅ローンにもいくつか種類があるので、どのような商品が一番人気で負担も少ないのか分らなくて、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

そんな時に専門のアドバイザーに相談して、お金を借りる方法もありますが、相談料がかかります。

これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、わざわざ有料で相談したくないという方が多いです。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

自分で出来る範囲で勉強しておくといいですね。

マイホームの為に思い切って住宅ローンを申込みしたけど、審査に落ちた…なんて方は意外と少なくないのです。

その理由として考えられる原因はいくつかあります。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

全て確認して条件を満たしているという方は、今一度支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。

問題なく融資を受けられるように今から準備をしておきましょう。

自分だけの自宅が欲しいと思ったときに銀行や信用金庫などから申し込み可能なマイホーム購入時の融資が頼れます。

とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのか混乱してしまう事もあるかと思います。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋と提携しているところやインターネットバンキングでも申し込みは可能です。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり申し込めば通過するという甘いものではありません。

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。

ローンの金利には大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行から薦められる事はありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

これから、ローンを組んで住宅を購入する予定の方は融資を受けたお金をどれ位の期間で完済するのか相談しましょう。

参考:契約社員でも住宅ローンを借りられる銀行は?【勤続年数と年収甘い?】

通常は、25年か35年で申込みされる方が多いのですが調査結果では、満期より短い期間で返す方が多いようです。

多くの方が、10年以内に返済することを目標としています。

まとまったお金が手に入った時にそれらも返済に充てたい時は、事務手数料などが無料の銀行を選びましょう。

目の前の生活だけでなく、今後の見通しも検討した上で月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。

直接、スタッフに相談して決めるというのもお勧めです。

住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。

この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。

団体信用生命保険という物は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。

これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。

どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。

こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。

自分専用の家を建てたいと考えたとき住まいの融資を申し込む人がたくさんいると思います。

多くの銀行で申し込みができるのでせっかくなら評判を気にして選びたいところです。

その様な場合は、口コミを読むと良いです。

サイトでは、資金に関することのほかお客様に対する接客態度やお店が感じ良いかどうかまで細かい所まで見ており、星の数でその良さを示している所もあるのでより良い契約にしたいと思っている方にとって大変良い参考例になるかと思います。

Copyright 誰でも借りれる住宅ローン【住宅ローンを組めない理由と対策】, Inc.