住宅ローンを選ぶ手段

住宅ローンの選ぶ方法

住宅ローンの選び方について少し。住宅ローンの選び方っていうと、金利タイプが大事かもしれません。もちろん、金利の低さというのも大事なポイントなんですが、金利タイプは自分に合ったものを選択しないと後々困ることになる可能性があります。金利タイプには変動、固定選択、固定金利という3つがあります。住宅ローンの金利というと、基本的には低金利で固定金利を選び、高金利で変動を選ぶ。高金利で変動の場合、金利が下がると固定へ変更するというのが理想です。

 ただし、金利タイプによって向いている性格、不向きな性格というものがあります。また、生活状況によっても変わります。夫婦共働きで、借り入れ額が収入と比較して少なめ。返済に余裕があり、変動の仕組みやリスクを理解し、世の動向をチェック出来る人は変動が向いています。借り入れ額が収入と比較して少なくない。返済額が上がると生活が苦しい。金利変動のリスクが嫌。金利のことを考えずに生活したい。生活設計を正確に考えたい。こういう人は固定の方が向いています。どちらも、利点難点があるので優劣があるということではありません。選ぶ時には、生活や性格を考えて金利タイプを選んだ方がいいと思います。。

 リホームの時はこちらの金利比較を参考にどうぞ。⇒リフォームローン金利安い銀行は?比較一覧!【ランキングで選ぶ!】

Copyright 住宅ローンを組めない理由, Inc.