住宅ローンの制限事項

住宅ローンの基本的な制限

住宅ローンの仕組みについての話になるんですが、住宅ローンの仕組みっていうと先ず住む為の家であるなら基本的には制限がないとうことです。新築、中古の戸建て、マンションなど、住む為の物件なら基本は住宅ローンが使えます。また、住宅を建てる為の土地の購入であっても住宅ローンの利用は可能です。しかし、物件によって条件などが変わって来るのでそこは注意してほしいと思います。例を挙げると中古物件の場合、新築に比べて耐久性が劣るのは当然です。その為、耐久性が考慮されて、新築に比べて返済期間が短く設定することになる場合もあります。

他にも、1階で店を2階から住宅にっていう物件になると店舗付きの住宅ローンということになり、店舗面積、住宅面積、それぞれに制限がつくことがあります。ちなみに、住宅ローンでは借りる側を審査し、合格すると信用保証会社が金融機関に対して連帯保証を承諾することで借りる側が融資を受けることが出来るというのが一般的です。ただ、今は保証会社を使わず、融資をする金融機関が直接契約するプロパーローンも増えて来ていると思います。尚、融資審査は金融機関と保証会社がそれぞれ行います。この時、金融機関よりも保証会社の審査結果が優先されるそうです。

Copyright 住宅ローンを組めない理由, Inc.